多角形ツール

この記事では、多角形ツールについて書いていきます。

多角形ツールとは

長方形ツール・楕円形ツールなどの図形ツールの一種で、多角形オブジェクトを描画するツールです。

多角形ツールの使い方

長方形ツールボタンを長押しします。多角形ツールボタンが表示されるので、選択します。
既定の設定で良いときは、画面のアートボード上でドラッグし、多角形の向きと大きさを決め、多角形を作成します。
または、ダイアログで設定する方法もあります。アートボードをクリックすると多角形ダイアログが表示されるので、半径と辺の数値を入力・設定します。

ショートカットキー

Altキーを押しながらドラッグすると、始点を中心に広がるように多角形を描けます。
Shiftキーを押しながらドラッグすると、向きがきれいなパスを持った多角形を描けます。
上向き(↑)キーで、辺の数が増え、
下向き(↓)キーで、辺の数が減ります。
ドラッグしている途中でSPACEキーを押し続けると、大きさ・向きをそのままにして図形の移動ができます。

広告

関連コンテンツ