遠近図形選択ツール

遠近図形選択ツールについて書いていきます。

遠近図形選択ツールとは

遠近図形選択ツールは、遠近グリッドにオブジェクトを配置するためにオブジェクトを選択するときに使います。こちらもCS5からの機能となります。

遠近図形選択ツールの使い方

①遠近グリッドを表示します。
②平面オブジェクトを遠近図形選択ツールで選択します。
③グリッド上にドラッグします。
④オブジェクトが変形したらマウスのボタンを離します。
配置面を指定するには選択面ウィジェットの面をドラッグ前にクリックするか、ドラッグ中に1~3のキーを押します。
なお、直線ツールや円弧ツールなどの直線ツールサブツールや長方形や楕円形ツールなどの長方形ツールのサブツールなどを使うことで直接遠近オブジェクトを描画することもできます。
一度貼り付けた遠近オブジェクトは、バウンディングボックスをドラッグすることで大きさを変えることができます。

ショートカット

ドラッグ中に1キーを押すと左面、2キーを押すと水平面、3キーを押すと右面に貼り付けることができます。5キーでは選択面と垂直方向へ移動できます。

広告

関連コンテンツ