遠近グリッドツール

遠近グリッドツールについて書いていきます。

遠近グリッドツールとは

立体物を描画する図法の中に透視図法があります。近くのものを大きく描き、遠くのものを小さく描き、その先に消点を設定します。パソコンやIllustratorがなかった時代には、画板に画鋲を刺したり、定規で線を引いたり、糸を伸ばしたり、自然なパースを描くのは苦労したと言われています。IllustratorCS5からは、遠近グリッドツールを使うことで、立体物を正確に描画するためのガイド線を表示することができます。

遠近グリッドツールの使い方

遠近グリッドツールアイコンをクリックすると、遠近グリッドが表示されます。
選択面ウィジェットの×(グリッドを隠すボタン)をクリックすると、グリッドが消えます。
もう一度グリッドを表示したいときは、[表示]メニュー-[遠近グリッド]-[グリッドを表示]を選択します。
白い小さい丸がいくつか画面に表示されるので、それをドラッグで移動させて自分の描きたいアングルに変えましょう。

広告

関連コンテンツ